• 大谷 哲也
  • 大谷 桃子
  • 小川 壮一
  • 落合 芝地 苔岩工房
  • KITAWORKS 木多 隆志
  • STUDIO T POTTERY 十河 隆史
  • 寺園証太
  • 橋村大作
  • 今月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    翌月(2018年1月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      発送業務休日)
お問い合わせ

作品詳細と配達に関してはお問い合わせフォームよりお送りください。




01












02












ote-01_sample
■使用例はこちらから(大谷製陶所blog)










03-1

 








ote-01




item02-2




item03






平鍋 (φ210)
大谷哲也 作

■ 作品詳細 ■
平鍋 (φ210) / 大谷哲也 作
(並 nesting pan regular、深 nesting pan deep)

磁器土に白釉を施した滑らかな手触りな大谷哲也氏の白磁。
原材料から計算され実用をくりかえして産まれた大谷哲也氏の白磁は、一切の無駄が無く、また全てにおいて「用と美」を兼ね備えたうつわです。

火をも制する白磁。
大谷哲也さんの代表的なこの「平鍋」はペタライト(葉長石)を用い直火やオーブンでもお使い頂けるユーティリティー性あふれる「鍋」です。

デザイン性も兼ね備え、そのまま食卓へも。
大谷製陶所のブログでも紹介されている様に煮炊き炒るにも使える、キッチンに一つ置いておきたくなる鍋です。

人気作品につき、お一人様1点までとさせて頂きます。

サイズ 
平鍋 (並、φ210)ote-01-a
外径 幅 約 24cm × 高さ 約 6cm
内径 幅 約 21cm × 高さ 約 5cm
重さ 約 800g

平鍋 (深、φ210)ote-01-b
外径 幅 約 24cm × 高さ 約 8cm
内径 幅 約 21cm × 高さ 約 7cm
重さ 約 900g

※ 外径はふちの外側、内径はふちの内側のサイズになります

平鍋 (φ180並、φ180深)はこちらから

※この作品はラッピング対象外の作品です。

hiranabe

一つ一つ手作りのため、同じ型の作品でもサイズが微妙に異なり、模様は写真のもとの若干かわる場合があります。ご理解ご了承の上、お買い求め下さい。

配送カテゴリー
【大型】配達日、配達時間指定ができます。
配送:ヤマト運輸
※家具と雑貨(陶器、ガラスなどのワレモノ)の同梱は出来ません。別の送料となりますのでご了承下さい。


■平鍋の素材

この平鍋にはペタライト(葉長石)という原料が使われています。ペタライトは1200℃前後で焼成することによってβスポジュメンという結晶を生成します。この結晶は熱膨張が小さく、一定量以上素地に含まれると、直火にかけても割れにくくなる事が知られています。ご家庭のコンロやキャンプ用のバーナーなどでも安心してお使い頂けます。

■扱いについて
使用可能 / 直火、オーブン  (※ IHは使えません) 
あまり水を吸わない素地を使用していますので、特に使い始めにおかゆを炊く必要はありません。直火にかける事が出来ますのでカレーなどは肉や野菜を炒めるところからご使用頂けます。すき焼きや炒め物、煮魚にもご利用頂けます。ハンバーグなどは焼き色を付けてからオーブンに入れる事も出来ます。
汚れがこびりついて取れない場合はしばらく水につけてふやかしてから金ダワシで擦って下さい。金ダワシの跡がつきますが、使用しているうちに表情が出てきますので気にせずゴシゴシと洗って下さい。使用後はよく乾燥させてから保管して下さい。

■陶印に関し
陶印(サイン)とはうつわの裏等に、その作家が作ったものを示す「しるし」。
大谷哲也さんのうつわには陶印は入っていません。
それはうつわの風景を損ね、うつわには必要の無いデザインの為。
しかし大谷哲也さんのうつわはそれがなくとも作家が判る程、唯一無二の存在感を持っています。

otani_t_320

■ 作家紹介 ■
大谷 哲也 / Otani Tetsuya 
大谷製陶所
磁器の食器と耐熱調理器具、ランプシェード、掛け時計などを制作しています。
それらの作品は全てロクロで成形され白い釉薬を施しています。生 活に関わる道具ですから、収納や洗いやすさなどの機能、それから食卓の豊かさや楽しさを演出するようにデザインすることを心掛けています。
また、どんな料理をどんな風にそのうつわに盛るのか、どんなシチュエーションで使うのかといったことを頭の中で思い浮かべながら、うつわの形やサイズを考えます。
一見すると無機質に感じるかもれませんが、手づくりのやわらかいラインや釉薬の温かい表情がそこにはあることを感じてもらえると思います。
本当に「シンプルで美しく機能的」なものは眺めていても飽きないものです。そういったものが自分の手から生み出されるよう、日々制作に励んでいます。
大谷製陶所 大谷哲也さんページより


創作の原点
星の数程ある白いうつわの中でも、独特の存在感をはなつ「大谷哲也」氏の白磁。
信楽窯業試験場などで培われた化学からベースとなる土や素材を吟味し、たぐいまれなる造形センスで「用と美」にかなったうつわを創り出せる日本が誇る白磁の作陶家。
日本のみならず海外でも個展を開くその多彩な活動により、世界各地に愛好家を持ち多くの人々から支持を得ている。
陶印もうつわのデザインを損ねる為入れないその妥協しない性格と、自ら食事を調理し盛りつけ使い収納するまで、試行錯誤を繰り返したそのうつわ達には一切の無駄が無く、かつ使い手を引き込む美しい佇まいを持っている。

略歴
大谷哲也 
1971年 神戸市生まれ
1995年 京都工芸繊維大学 工芸学部 造形工学科 意匠コース卒業
1996年 滋賀県立信楽窯業試験場勤務(~2008年)
2008年 大谷製陶所を信楽町田代に設立

平鍋 (φ210) (ote-01)

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
ote-01-a 平鍋(φ210/並) ¥10,000
在庫なし 在庫なし
ote-01-b 平鍋(φ210/深) ¥11,000
在庫なし 在庫なし

お勧め作品

ote-10
大谷 哲也 作
平鍋 (φ180)
¥7000~¥8000(税別)

 


ストアガイド