2014 フィールド オブ クラフト 倉敷 9 (取扱い作家のワークショップご案内)

先日ご紹介した「フィールド オブ クラフト 9」の開催が迫ってきました。
天気もよい様で素晴らしい日になりそうです。

三倉堂で取扱いしています、陶芸の十河隆史さん/白磁の大谷哲也さん/ガラスの橋村大作さん/木工の木多隆志さんが
イベント期間中にワークショップ等を開催しますのでそのご案内をします。

陶芸の十河隆史さん
2種類の粘土を使った豆皿作りのミニワークショップを予定されています。詳しくは公式ブログをご覧ください。



白磁の大谷哲也さん
当日は土鍋を使ったコーヒー豆の焙煎を予定されています。
滋賀県の信楽町で制作している大谷哲也です。磁器のうつわと土鍋を作っています。
当日、天気が良ければ土鍋を使ったコーヒー豆の焙煎の実演を行う予定です。
「やってみたい!」と言う方は是非声をかけて下さいね。
また当日、販売や実演のアシスタントをできる方を探しています。
興味がある方は t@ootanis.com へご連絡下さい。


木工の木多隆志さん
岡山県で主に家具を製作しています、木多隆志です。
木や金属、革などの素材を使います。
当日は、体格に合った椅子の高さと、それに合ったテーブルの高さのお話をさせていただきたいと思います。
椅子の高さとテーブルの高さの関係について体感していただけるよう、
天板の高さが変えられるテーブルと疑似的に椅子の高さを変えられるように足の下に敷くマットを用意します。
時間はいつでもOKですので、是非試してみて下さい。


ガラスの橋村大作さん
いろんな色のパーツ。今回も少し倉敷へ持っていきます。
1パーツにつき、募金をお願いしたいと思います。でも数にかぎりがありますので、早いもの順。
募金は、例年同様「東日本大震災復興支援のチャリティー活動」の一環。
最後に事務局へお届けします。よろしくお願いします。
http://glass-studio206.jimdo.com/2014/05/14/%E5%80%89%E6%95%B7%E3%81%A7/

掲載以外の作家の方もワークショップを予定しておりますので詳しくはこちらから



店主より「フィールド オブ クラフト」散策のポイント
公式ページでも案内がありますが、毎年付近の駐車場はすぐに満車になり混雑します。(あと料金が高い。。)
公共交通機関を使用する事をオススメします。
倉敷駅からは駅前の通りを徒歩約15分ですが、足腰に不安のある方はバスで駅前から「芸文館前」まで出ています。
帰りは美観地区とえびす通り商店街を通れば、日陰も多くあっという間に倉敷駅へ。
駅からは歩ける距離ですので是非。

個人的には歩き易い靴と、水筒(飲食ブースもありますが長蛇の列になりますので)があれば楽しめると思います。
またあらかじめ銀行などで予算を確保しておく事をオススメします。
近くにはコンビニや銀行が無く、離れたATMなどでは列になっている事も見られます。
近年は飲食ブース目当ての方もいらっしゃる様です。
また日傘等は混雑時に、他の方にあたり危険ですので帽子が良いかと思います。


またこの時期にはすぐ近くの美観地区でも「ハートランド倉敷」などイベントが数多く開催されています。
是非、春の観光に適したこの時期の倉敷にお越し下さい。

ハートランド倉敷
5月17日(土)、5月18日(日)は、真備・船穂Dayとして瀬戸の花嫁・川舟流しや特産品販売(倉敷物語館)が行われます。
詳しくは
http://www.heartlandkurashiki.com/


IMG_8051フィールドオブクラフト倉敷 (昨年の様子)

(再掲)
倉敷でも今週末の2014年5月17日(土)、5月18日(日)に「フィールドオブクラフト9」が開催されます。
当店取扱いの十河隆史さん、橋村大作さん、大谷哲也さん、木多隆志さんも出展されます。

「 フィールド オブ クラフト 9 」
全国から76組のクラフト作家が集い、「掌から生まれるかたち」をテーマに、暮らしに寄り添う作品を展示。
手仕事を体験できるワークショップも開催します。
新緑きらめく倉敷の街で、作り手との出会いをお楽しみください。

2014年 5月17日(土)/18日(日)10:00~17:00 ※雨天決行
ツイッター https://twitter.com/#!/foc_kurashiki
フェイスブック http://www.facebook.com/foc.kurashiki
場所:倉敷市芸文館前広場
(問)フィールド オブ クラフト実行委員会
電話086-275-2802



三倉堂 店主