• 大谷 哲也
  • 大谷 桃子
  • 小川 壮一
  • 落合 芝地 苔岩工房
  • KITAWORKS 木多 隆志
  • STUDIO T POTTERY 十河 隆史
  • 寺園証太
  • 橋村大作
  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)
お問い合わせ

作品詳細と配達に関してはお問い合わせフォームよりお送りください。




01















02













03




item02






oshi-01









item03

外彫目 丸カップ
落合芝地作

■ 作品詳細 ■
外彫目 丸カップ / 落合芝地 作

漆器は日本古来の伝統的なうつわ。
木と漆を巧みに合わせ作られた漆器は海外では「JAPAN」と呼ばれる程。
昔は各工程を別の作家が行っていたが、落合芝地さんは木地から彫り、
漆まで1人で行う。
よって生まれるうつわは木の木目を生かし「使い手」に優しいうつわとなる。
自然素材のみを用い、経年後は漆を再度塗る事により蘇るうつわ。
お子様も安心してお使い頂けます。

手におさまると木の温もりが感じられる拭き漆ならではの質感。
木目の美しさと、外側には彫を施し手に馴染みやすいうつわです。
お茶用にしても料理の小鉢としてもご使用頂けます。

サイズ 
外彫目 丸カップ (oshi-01a,b,c)
幅 約 8.5cm × 高さ 約 6cm
重さ 約 50g

材質 / ミズメ
漆仕上げ / 拭漆

一つ一つ手作りのため、同じ型の作品でもサイズが微妙に異なり、模様は写真のもとの若干かわる場合があります。ご理解ご了承の上、お買い求め下さい。

配送カテゴリー
【小型】小型家具、雑貨などは配達日、配達時間指定ができます。
配送:ヤマト運輸
※家具と雑貨(陶器、ガラスなどのワレモノ)の同梱は出来ません。
別の送料となりますのでご了承下さい。


■ 漆器
自然の漆の木から採れる漆(樹液)を精製し用途に応じ加工し、木のうつわに纏わせたものを漆器と呼ぶ。歴史は古く1万2000年前程から装飾用に漆が用いられており、日本各地にも伝統工芸としての漆器文化が深く根付いている、日本を代表するうつわの文化。
陶器等と違い、各工程の乾燥に時間がかかる事から、木の加工、うつわの形への形成、何度も漆塗りをへて、長い場合は約1年近くかけて漆器は作られる。

■ 拭漆と溜塗り
拭漆(ふきうるし)は、木地に生漆を刷毛で塗り、余分な漆をウェスで拭き取ります。この作業を繰り返し行うと、木目が引きたち、程よい艶が出て、木の表情、質感を楽しめる仕上がりになります。
溜塗り(ためぬり)は、木地に生漆を塗って木地固めした後、木目が埋まったら、一度生漆を摺って固めます。次に透漆を中塗りし、乾燥後水研ぎしてから上塗りです。
ふっくらした柔らかい塗りの表情になり、しっとりとした手触りで、口当たりもとても良い仕上がりになります。

■ 生漆と透漆
生漆(きうるし)は、漆の木から採取したままの漆液からゴミだけを濾し取ったもの。
主に拭漆(摺漆)と下地漆に使用される。
透漆(すきうるし)は、生漆を精製加工したもので、使い道に応じた乾燥度、肉持ち、光沢、透明度にするために撹拌(なやし)、加熱(くろめ)をおこなった塗り用の漆。
主に木地溜塗り(きじため)、朱溜塗り(しゅだめ)に使い、これに赤の顔料を混ぜて朱漆を作る。

■ 使用上の注意
食器洗浄機、乾燥機、電子レンジなどでは使用しないで下さい。
金属製のスプーンやフォークは避けて下さい。
直射日光の所には置きっぱなしにしないで下さい。
使った後の洗い方ですが、柔らかいスポンジを使って水かお湯で洗って下さい。
油汚れが強い時は、薄めた台所洗剤で洗います。
洗った後は、伏せて置いておくだけでも構いませんが、布巾で水気を拭き取っておくとより丁寧です。
長年使用し漆が薄くなってきた場合は、作家の方にて漆の塗り直しを行っておりますので長くご愛用頂けます。

ochiaishibaji

■ 作家紹介 ■
落合 芝地 / ochiai shibaji 
苔岩工房

素材感と使いやすさを大切に
暮らしにとけ込む器作りを目指しています。

創作の風景
琵琶湖のほとり、滋賀県大津市の避暑地に落合芝地さんの工房はあります。
旧地名の苔岩を工房名とし、庭には天然の小川が流れる自然の音の中で
うつわ達はゆっくりと時間をかけ、形作られていきます。
木地から漆まで手作業で、一環して行われる事により、
漆の下から見える優美な木目、外彫によって
機能性と美しさを纏った「大人のうつわ」となります。
基礎となる京漆器の技法と、独特の感性から生み出される
「落合芝地の漆器」は各方面から評価されています。

略歴
1975  京都市生まれ
2000  京都市伝統産業技術者研修漆工本科 修了
2001  京都樹輪舎 木工塾にて木工の基礎を学ぶ
2002  滋賀県永源寺の故小椋宇三男氏に木工轆轤を学ぶ
2008  滋賀県朽木に工房開設
2012  滋賀県大津市に工房移転

受賞歴 朝日現代クラフト展 入選 等

外彫目 丸カップ (oshi-01)

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
oshi-01-a 外彫目 丸カップ 朱
オプションを指定してください。
ラッピング
¥6,000
在庫残り1個
oshi-01-b 外彫目 丸カップ 茶
オプションを指定してください。
ラッピング
¥6,000
在庫残り2個
oshi-01-c 外彫目 丸カップ 黒
オプションを指定してください。
ラッピング
¥6,000
在庫残り2個

お勧め作品

oshi-04
落合 芝地 作
面取匙
¥2500~¥3500(税別)
oshi-03
落合 芝地 作
外彫目 汁椀
¥8000(税別)
oshi-01
落合 芝地 作
外彫目 丸カップ
¥6000(税別)
oshi-02
落合 芝地 作
外彫目 椀
¥8000~¥10000(税別)
oshi-05
落合 芝地 作
小皿
¥3500(税別)

 


ストアガイド