• 大谷 哲也
  • 大谷 桃子
  • 小川 壮一
  • 落合 芝地 苔岩工房
  • KITAWORKS 木多 隆志
  • STUDIO T POTTERY 十河 隆史
  • 寺園証太
  • 橋村大作
  • 今月(2017年10月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2017年11月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
    (      発送業務休日)
お問い合わせ

作品詳細と配達に関してはお問い合わせフォームよりお送りください。



01












hakujitetsuya











02


 








ote-11






item02






item03








ライスクッカー
大谷哲也 作

■ 作品詳細 ■
ライスクッカー(rice cooker) / 大谷哲也 作
3合炊き

磁器土に白釉を施した滑らかな手触りな大谷哲也氏の白磁。
原材料から計算され実用をくりかえして産まれた大谷哲也氏の白磁は、一切の無駄が無く、また全てにおいて「用と美」を兼ね備えたうつわです。

その名の通り日本人には欠かせない「米」を調理する炊飯の為の器。
火を制する器を作れる大谷哲也さんだからこそ出来た、機能的でもあり美しさも兼ね備えた作品。
炊飯時間も約40分ほど。火加減水加減を調節することにより「おこげ」を作ることもできます。
白米以外にも玄米も調理可能。炊飯以外にもスープや煮込みにも使えます。
電気ではなく火を使うからこそお米の本当の甘さが引き出せます。
店主も愛用していますが、高い炊飯器よりも美味しいです。

※人気作品につき、お一人様1点までとさせて頂きます。

※直火専用となっています。IH(電磁調理器)には対応しておりません。

使用法 調理説明書より抜粋
 白米の炊き方
白米 3合 /水3.5合
米を洗い30分程水に浸す。強火にかけ沸騰したら弱火で4〜5分。
15分程蒸らしてから蓋を開けて軽く切るように混ぜておく。
柔らかい場合は水を減らす。おこげを作りたい場合は炊飯時間を長くする。

 玄米の炊き方
玄米2合/水4合
玄米を軽く洗い3時間以上水に浸す。強火にかけ沸騰したら弱火で30分。
15分ほど蒸らしてから蓋を開けて軽く切るように混ぜておく。


サイズ 
ライスクッカー 3合炊き (ote-11)
ricecooker 3cups

本体 外径幅 約 17cm(内径幅 約12cm) × 高さ 約 20cm /本体厚 1cm
フタ  幅 約13cm × 高さ 約5cm / 厚 1cm
総重量 約 1.8kg
※取り扱い/調理説明書付属


一つ一つ手作りのため、同じ型の作品でもサイズが微妙に異なり、模様は写真のもとの若干かわる場合があります。ご理解ご了承の上、お買い求め下さい。

配送カテゴリー
この作品は、総額15,000円以上購入で送料無料の対象外となります。
地域別送料がかかりますのでご了承ください。
【大型】配達日、配達時間指定ができます。
配送:ヤマト運輸
※家具と雑貨(陶器、ガラスなどのワレモノ)の同梱は出来ません。別の送料となりますのでご了承下さい。

■白磁
磁器土に白釉を施した滑らかな手触りな大谷哲也氏の白磁。
製法や釉薬の種類などは作家様々であるが、大谷哲也氏の白磁のうつわには、他の白磁には無い暖かさと手触り、佇まいが兼ね備えられている。

■陶印に関し
陶印とはうつわの裏等に、その作家が作ったものを示す「しるし」。
大谷哲也さんのうつわには陶印は入っていません。
それはうつわの風景を損ね、うつわには必要の無いデザインの為。
しかし大谷哲也さんのうつわはそれがなくとも作家が判る程、唯一無二の存在感を持っています。

otani_t_320

■ 作家紹介 ■
大谷 哲也 / Otani Tetsuya 
大谷製陶所
磁器の食器と耐熱調理器具、ランプシェード、掛け時計などを制作しています。
それらの作品は全てロクロで成形され白い釉薬を施しています。生 活に関わる道具ですから、収納や洗いやすさなどの機能、それから食卓の豊かさや楽しさを演出するようにデザインすることを心掛けています。
また、どんな料理をどんな風にそのうつわに盛るのか、どんなシチュエーションで使うのかといったことを頭の中で思い浮かべながら、うつわの形やサイズを考えます。
一見すると無機質に感じるかもれませんが、手づくりのやわらかいラインや釉薬の温かい表情がそこにはあることを感じてもらえると思います。
本当に「シンプルで美しく機能的」なものは眺めていても飽きないものです。そういったものが自分の手から生み出されるよう、日々制作に励んでいます。
大谷製陶所 大谷哲也さんページより


創作の原点
星の数程ある白いうつわの中でも、独特の存在感をはなつ「大谷哲也」氏の白磁。
信楽窯業試験場などで培われた化学からベースとなる土や素材を吟味し、たぐいまれなるセンスで「用と美」にかなったうつわを創り出せる日本が誇る白磁の作陶家。
日本のみならず海外でも個展を開くその活動により、各地に愛好家を持ち多くの人々から支持を得ている。
陶印もうつわのデザインを損ねる為入れないその妥協しない性格と、自ら食事を調理し盛りつけ使い収納するまで、試行錯誤を繰り返したそのうつわ達には一切の無駄が無く、かつ使い手を引き込む美しい佇まいを持っている。

略歴
大谷哲也 
1971年 神戸市生まれ
1995年 京都工芸繊維大学 工芸学部 造形工学科 意匠コース卒業
1996年 滋賀県立信楽窯業試験場勤務(~2008年)
2008年 大谷製陶所を信楽町田代に設立

ライスクッカー (ote-11)

販売価格(税別)
¥25,000
在庫状態 : 在庫なし
 

お勧め作品

ote-10
大谷 哲也 作
平鍋 (φ180)
¥7000~¥8000(税別)

 


ストアガイド