• 大谷 哲也
  • 大谷 桃子
  • 小川 壮一
  • 落合 芝地 苔岩工房
  • KITAWORKS 木多 隆志
  • STUDIO T POTTERY 十河 隆史
  • 寺園証太
  • 橋村大作
  • 今月(2017年12月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
    翌月(2018年1月)
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31      
    (      発送業務休日)
お問い合わせ

作品詳細と配達に関してはお問い合わせフォームよりお送りください。




01















02











03














kb-36




item-02





item-03






goma

黒備前 注器
小川壮一作

■ 作品詳細 ■
2016年度 窯出作品

伝統的な備前焼の窖窯(あながま)によって、黒備前の製法で作られたうつわ。
外と中の風景の違いが味わい深く、あなたのひと時を彩ります。
少し深めの注器。酒器としてもお料理のつけダレ入れなど使用法は多彩。

サイズ 
黒備前 注器 (kb-36)
幅 約 9.5cm(そそぎ口含む 11.5)× 高さ 約 11cm
重さ 約 410g

※こちらの作品は、ラッピング対象外の作品です。

※ 桐箱オプション可能
作家による箱書、鬱金布付のオプションも選べます。
注文頂いてからの桐箱発注になりますので、注文から納品まで約2週間頂きます。注文確定からのキャンセルは出来ません。詳しくは作品名と希望納期をお問い合わせフォームからお送り下さい。後日ご連絡差し上げます。注文確定後後決済となりますのでご注文時には銀行振込でご注文ください。

一つ一つ手作りのため、同じ型の作品でもサイズが微妙に異なり、模様は写真のもとの若干かわる場合があります。ご理解ご了承の上、お買い求め下さい。

配送カテゴリー
【小型】小型家具、雑貨などは配達日、配達時間指定ができます。
配送:ヤマト運輸
※家具と雑貨(陶器、ガラスなどのワレモノ)の同梱は出来ません。別の送料となりますのでご了承下さい。

■備前焼(びぜんやき)
備前焼の特徴
備前焼は一般的な磁器などと違い釉薬は一切使わず、良質の陶土を無釉焼締の技法を用いた焼物。
器に現れる様々な紋様は、陶工のアイデアと、備前の土、松の薪の焔(ほのお)によって生み出された自然の産物。 焼物本来の色と存在感を好む愛好家も多い。
製法は、1週間以上1200度前後の高温で焼きしめる。
よってとても強度が強く丈夫に仕上がる。
備前焼のビアマグでビールを飲むと泡がきめ細かくたち一層おいしく飲め、備前焼の湯のみで温かいお茶を飲むといつもと違う味わいが楽しめる。
また花器の花が長持ちする。
使うほどに味わいが出てくる、それが備前焼です。

■黒備前
備前の土と独特の製法で出された色と質感の黒備前。
鉄分の多い土を素地に塗って他のものと一緒に焼いて冷まして出来上がる等、作家によって様々な製法で作られる。
黒備前は、従来の「備前焼」の土色と質感とは異なり、色と質感は食卓に新たな変化をもたらします。

■胡麻(ごま)について
表面が溶け、薪の材料である松の木の灰が付いて溶化したもの。
胡麻を散らした様な模様が出る事から「胡麻」と呼ばれている。
これはうつわの欠損ではなく、風景の一つとして楽しんで頂ければと思います。

■石はぜ(いしはぜ)について
乾燥や焼成時に粘土の収縮によって中の石が出て来たもの。
使い方によっては水漏れの原因ともなるが、石がはぜた様子が良い景色とされる。
これはうつわの欠損ではなく、風景の一つとして楽しんで頂ければと思います。

ogawa

■ 作家紹介 ■
小川 壮一/ogawa souichi 
備前陶心会会員

雑器と呼ばれていた頃の備前焼が好きなので普段通り使って欲しい。
手びねり独特の、手跡やゆがみも風景として愉しんで頂きたいと思います。

創作の風景
日本のエーゲ海とも言われる岡山県瀬戸内市、牛窓。
その近く「寒風古窯跡群」の側に小川壮一氏の工房と窯があります。
人間国宝の伊勢崎淳氏に弟子入りし、8年後に独立しこの地に築窯。
備前焼伝統の窖窯(あながま)と松薪を用い、従来の備前焼の伝統を守りつつ新たな作風に挑戦する、この世界では期待の若手とも言われています。
その作品には、小川氏自身を表すがごとく、非常に繊細かつ大胆な造形と空間が表現され、備前焼を愛好する人々の中で高く評価されています。

略歴
1971  岡山市に生まれる
1995  筑波大学芸術専門学群総合造形コース卒業
1996  人間国宝 陶芸家 伊勢崎淳氏に弟子入り
2000  茶の湯の造形展 入選
2001  岡山県美術展覧会 奨励賞
2002  日本伝統工芸中国支部展 奨励賞
       独立
2002~2003 穴窯築窯
2005  東京 うつわや飛天にて初個展
2006  岡山 明日香画廊にて個展
2007  茶の湯造形展 入選
      岡山 明日香画廊にて個展
2008  ウェスティンホテル東京「花伝」参加
2009  岡山 明日香画廊にて個展
      ウェスティンホテル東京「花伝」参加
      ハンガリー メルリン国際劇場「水と生命の祭典」参加
2010  ウェスティンホテル東京「花伝 ラリック×日本」参加
      横浜山手西洋館フェスタJUNE「花と器のハーモニー」参加
      岡山 カフェZにて個展
2011  岡山 高島屋にて個展
2013  岡山 高島屋にて個展
2014  岡山 カフェZにて個展
2016  岡山 高島屋にて個展

黒備前 注器 (kb-36)

販売価格(税別)
¥7,000
在庫状態 : 在庫残り2個
数量

お勧め作品

kb-41
小川 壮一 作
黒備前 プレート
¥4000~¥8000(税別)
kb-53
小川 壮一 作
黒備前 面取壺
¥12000(税別)
sb-03
小川 壮一 作
白備前 ぐい呑
¥4000(税別)
kb-61
小川 壮一 作
黒備前 ティーポット
¥15000(税別)

 


ストアガイド